ホーム > ブログ一覧 > 全国病児保育研究大会

全国病児保育研究大会

   2017.08.06 (日) 10:03 PM

全国病児保育研究大会 IN 大阪

 

 

こんにちは。

病児保育室にこにこの今年の春は

インフルエンザから始まりました。

最近インフルエンザの流行時期は秋冬とは限らないようです。

AからBに移り変わり

5月になるとヒトメタニューモと胃腸炎

6月はアデノウィルスと溶連菌

7月にはRS、ヘルパンギーナ手足口病。

通じてもちろん一番多いのは風邪ですが、

おたふく 水痘も単独で発生しながら

感染症の大きな流れは

こんなふうに江別を過ぎ去っていました。

夏風邪は突然の発熱で驚きますが、

ケロッと朝には回復していることでも驚かされます。

そのため朝の病児保育室では当日利用とキャンセルが相次いで

電話が繋がりにくくなります。

留守番電話にお電話番号とお名前を残していただければ

必ず折り返しお電話しますので機械音声にひるまず

どうぞよろしくお願いします。。

 

さて、今年も院長とスタッフ4名で

全国病児保育研究大会に参加してきました。

近隣に数少ない全国の病児保育室が一同に集まり

様々な保育看護の様子やデータを発表することは

日頃の保育看護を見直す良い機会になっています。

他の施設の良いところはどんどん取り入れ

より良い環境作りに努めたいです。

子育ての環境も変化し

どんどん進化する病児保育業界・・

北の端でもしっかりとアンテナを張って

また初心を忘れずがんばりたいと思います。

 

 

 

Blog Category