公式LINEアカウント(配信専用)

友だち追加

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

当院では、オンライン資格確認を行う体制を整備しております。

また、診療情報を取得・活用することにより、

質の高い医療提供に努めてまいります。

 

 

ー―――――――――――――――――――――――――――――――――--

 

 

 

NEW保険証(マイナ保険証)・受給者証の有効期限のご確認をお願いします

令和6年4月1日(月)より江別市の小学4年生~中学3年生までの通院医療費が助成対象となります。

※現在小学4年生~中学2年生のお子様で「子ども医療費受給者証」をお持ちでない方は、申請が必要となります。お手数ですが、申請については江別市子ども医療費助成制度のページからご確認下さい。また、江別市外お住いの方は、各市町村ごとに助成拡大の内容が異なりますので、お住いの市町村にご確認ください。※


受給者証対象の方は、受診の際に必ずお出しください。なお、マイナ保険証をお持ちの方も受給者証は忘れずにご持参ください。
お忘れの際は一部または全額自己負担となる場合がございますのでご注意下さい。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――

病児保育の一日。(YouTube)

 

ご利用を検討している保護者の方や

病児保育ってどんなお仕事?ご興味ある保育士、看護師の方に

病児保育の日常が伝わると嬉しいです。

ぜひご覧ください。

 

――――――――――――――――――――――――――

 

発熱外来【PCR検査および陽性者診察】希望の方へ

発熱外来(順番予約となります)・・・同居のご家族にコロナ陽性者がいる場合

当日7:00~システム予約受付開始。受診履歴の有無にかかわらず通常診察の順番予約と同じ予約方法となります。

お電話でのご予約は一切受け付けていません。

まずは予約システムでご予約ください。

検索日時が出ない場合は空き枠がありません。

申し訳ございませんが後日あらためてご予約ください。

 

デジスマアプリのダウンロードをお願いいたします。

 

予約完了後、注意事項をご確認し、デジスマアプリへ保険証・受給者証の登録、web問診をご入力いただきご来院ください。

2023.5.8  より

検査代が有料になり説明文の保険適応3000円に+検査代約3000円が

加算され 約5000円~6000円となります。

受給者証対象の方は以前と変更ありません。

 

発熱外来1の流れ(PDF)

②発熱外来の注意事項(PDF)

↑料金が変更します!ご注意ください。

 

 

 

 

★江別保健所 011-383-2111

★北海道新型コロナウィルス感染症健康相談センター 0120-501-507

 

ご予約はこちらからお願いします。

(診療・健診・予防接種・病児保育・発熱外来PCR検査

  ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

 

 

↓ ↓ こちらからアプリのダウンロードをお願いします ↓ ↓

デジスマ(iOS)

デジスマ(Android)

※目的用途以外でのやり取りは受付していません。

 

 

診療のWEB予約時間は今までと変更なく、午前・午後ともに
診療開始時間の90分前から終了時間の30分までです。


●番号をお取りいただくシステムとなり、

午前の予約は1番から、午後の予約は101番からとなります。
●診療の混み具合等により午前の予約が定員に達した場合は
 午前に予約された方でも101番以降の番号になることもあります。
その際は午後の診療時間からのご案内になります。システムの都合上、101番以降の方に順番確認メールが早く届く場合がございますが、診察は15:00~となりますのでご注意ください。
●午後の診療時間が30分早まり

 15:00~18:00まで(水曜日は14:30~18:00)となっております。

★ Web予約受付時間は、診療時間開始90分前から終了30分前までとなります。

★ ワクチン接種、健診は専門時間を設けています。詳しくは予防接種乳児健診のページをご覧ください

 

 
 8:30  ~ 11:30
~13:00
 15:00 ~ 18:00 14:30~
 

ごあいさつ

 あずま子ども家庭クリニックは、民家を改装して平成22年12月に開院いたしました。小鳥や、ときにはキタキツネが遊びに来るお庭があり、暖炉や障子戸など民家の温かみを残して、子ども達もリラックスできる小児科クリニックです。小児科、アレルギー、成人の喘息などを専門とし、子どもにかかわらず診察を行っています。特に喘息、アトピー性皮膚炎などに力を入れ、道内に数少ない呼吸抵抗測定装置、一酸化窒素ガス分析装置を導入しています。アレルギー食物負荷テストを施工し、最小限の食事除去の指導を行っています。
また併設している江別市子育て支援事業の病児保育室は、医療管理のもと責任をもって病児をお預かりし、仕事をされている子育て世帯をサポートしています。
 子どもの健康は、子どもの環境からケアされてこそ守られて維持されます。あずま子ども家庭クリニックは、『子ども』を囲む『家庭』全般のかかりつけ医を目指し、江別市の子育てを応援しています。
 誰にも甘えられない毎日の子育て、お母さん頑張り過ぎていませんか?
一瞬でも肩の荷を下ろしてホッとできるそんな小児科クリニックであることを、院長はじめ、スタッフ皆で心がけています。 小児科、呼吸器疾患、アレルギー疾患、育児相談、なんでもお気軽に、ご相談ください。よろしくお願いいたします。

院長挨拶

おかげさまで、ここ江別市で小児科クリニックを開院してから5年を経過しました。お母さんに抱っこされていた赤ちゃんももうすぐ小学生になろうとしています。頻繁に病児保育室を利用していた保育園児もすっかりお兄さん、お姉さんになって、クリニックを訪れることも少なくなり、たくましく成長していることを喜ぶと同時に、卒業していくようで若干のさびしさを感じます。。開院以来、必要とされる病児保育施設の実現と一番身近に相談できる家庭医を目指し、微力ながら江別市の子育てをサポートさせていただいています。江別市初の病児保育室は道内一の利用者数です。運営は困難な面もありますが、お断りゼロを目指して今後も充実させていきたいと思います。自分が考えていた理想の医療を実現しつつあると感じています。これからも多くの学会や研修会に参加し日進月歩の情報提供に努め、いつも安心というお薬を処方できる医師でありたいと思っています。

 

http://azumakodomo.com/kanri/wp-content/uploads/2020/06/LINE_P20200604_151531727.jpg