ホーム > クリニック・スタッフ紹介
クリニック・スタッフ紹介

東 克己院長 ご挨拶


おかげさまで、ここ江別市で小児科クリニックを開院してから5年を経過しました。お母さんに抱っこされていた赤ちゃんももうすぐ小学生になろうとしています。頻繁に病児保育室を利用していた保育園児もすっかりお兄さん、お姉さんになって、クリニックを訪れることも少なくなり、たくましく成長していることを喜ぶと同時に、卒業していくようで若干のさびしさを感じます。。開院以来、必要とされる病児保育施設の実現と一番身近に相談できる家庭医を目指し、微力ながら江別市の子育てをサポートさせていただいています。江別市初の病児保育室は道内一の利用者数です。運営は困難な面もありますが、お断りゼロを目指して今後も充実させていきたいと思います。自分が考えていた理想の医療を実現しつつあると感じています。これからも多くの学会や研修会に参加し日進月歩の情報提供に努め、いつも安心というお薬を処方できる医師でありたいと思っています。

                                                                     院 長  東  克 己

 

  [経歴]
  国立佐賀医科大学
  大阪大学小児科医局入局
  関西各地で勤務
  老健施設はるにれ
  江別市夜間急病センター
  2011年12月あずま子ども家庭クリニック開業

  [所属]
  日本小児科学会 小児科専門医
  日本小児アレルギー学会
  日本未熟児新生児学会

  [就任]
  江別市保健センター三歳児健診 
  江別市第二小学校校医
  わくわく保育園顧問医

田中香織先生 ご挨拶

ワクチン、乳児健診外来をお手伝いさせて頂いております。お子様たちの健やかな成長に少しでも手助けできましたら嬉しく思いますので、よろしくお願いいたします。

スタッフ ご挨拶

こんにちは。
私たちは、あずま子ども家庭クリニック、および保育室にこにこのスタッフです。みんな院長に負けないくらい子供が大好きです。しかし、我が子は、すっかり上背になって抱っこもよしよしも不可能・・・。毎日訪れる小さな泣き顔、笑顔に癒されています。私たちの先輩ママとしての経験が、少しでも皆さんの子育ての手助けになればと願っています。また責任のあるアドバイザーとして、院長のもと定期的に小児医療、また病児保育の勉強会をしています、安心して病気のケアのこと、子育てのことなんでもご相談ください。

設備紹介

【医療機器】

レントゲン
超音波エコー(心エコーは行っておりません。)
心電図
迅速血液検査(血算、CRP)
モストグラフ(気道抵抗測定装置)
呼気一酸化窒素ガス分析装置(呼気NO測定装置)

 

【その他】

隔離待合 3部屋
待合雑誌
キッズスペース
ベビーベッド
オムツ替えベッド
ウォーターサーバ
点滴室  ベッド×3   
     リクライニングソファ×2
ワクチン接種待合
トイレ×2

病児保育室(月~金)

クリニック施設概要

【施設名】 あずま子ども家庭クリニック
【施設種類】 小児科診療所
【事業】 個人開業医院
【診療科目】 小児科・呼吸器内科・アレルギー科
【併設】 江別市子育て支援事業 病児保育室
【施設長】 東 克 己
【所在地】 〒069-0816 江別市野幌住吉町25-10
【TEL】 011-385-2500
【FAX】 011-385-2515
【開設】 H22.12